桐の語源・由来

キリの木は成長が早く、切ってもすぐに芽を出すことから、「きる(切る・伐る)」の名詞形「キリ」が定説となっている。
木目が美しいことから、木目を意味する「木理」に由来する説もあるが、「木理」は「キリ(桐)」よりも新しい言葉で、読みも「もくり」のため考え難い。

漢字の「桐」の由来は、花が筒状になっていることから。もしくは、筒のように真っ直ぐ成長することからといわれる。

出典:語源由来辞典

TOP