「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」の違い

霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(かすみ)は、空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態をいう。

現象としては「霧」も「靄」も同じものを指すが、気象用語では、視程1km未満の状態を「霧」、視程1km以上10km未満を「靄」と呼ぶ。
つまり、近くのものしか識別できない状態(濃いもの)が「霧」、遠くまで識別できる状態(薄いもの)が「靄」である。
濃い霧は「濃霧」というが、濃霧は視程が陸上で100m以下、海上で500m以下の霧をいう。
「霞」は、気象用語として用いられていない。

また、気象用語での「靄」の定義は、微小な水滴や湿った微粒子で湿度50%以上のものをいい、湿度50%未満の乾いた煙や砂ぼこりなどによって、視程1km以上10km未満となっている状態は「煙霧」という。

俳句などの季語では、春のものを「霞」、秋のものを「霧」とし、「靄」は単独では季語となっていない。
「霞」が春の季語、「霧」が秋の季語となったのは平安時代頃からで、古くは区別がなく、「霧」も「霞」も春秋を問わず使われていた。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 一姫二太郎の語源・由来

  2. いとこ煮の語源・由来

  3. 遮るの語源・由来

  4. ピエロの語源・由来

  5. 高峰の意味・類語・言い換え

  6. 早苗月の意味・異名・類語

  7. ケンサキイカの意味・別名・類語

  8. うなぎ丼の意味・別名・類語

  9. 「送る」と「贈る」の違い

  10. 島根県の意味・シンボル

  1. きな臭いの語源・由来

  2. お盆の語源・由来

  3. 几帳面の意味・類語・言い換え

  4. お茶を濁すの意味・類語・言い換え

  5. 割り下の語源・由来

  6. 「ピーナッツ」「落花生」「南京豆」の違い

  7. エノコロヤナギの語源・由来

  8. 老人保健福祉週間の意味・類語・言い換え

  9. 「難しい」「困難」「至難」の違い

  10. モンブラン(ケーキ)の語源・由来

人気記事

  1. トイレの語源・由来

  2. 妻の語源・由来

  3. かたいの語源・由来

  4. 石に針の語源・由来

  5. 篠突く雨の語源・由来

  6. 段ボールの語源・由来

  7. ペットボトルの語源・由来

TOP