霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違い


霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(かすみ)は、空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態をいう。

現象としては「霧」も「靄」も同じものを指すが、気象用語では、視程1km未満の状態を「霧」、視程1km以上10km未満を「靄」と呼ぶ。
つまり、近くのものしか識別できない状態(濃いもの)が「霧」、遠くまで識別できる状態(薄いもの)が「靄」である。
濃い霧は「濃霧」というが、濃霧は視程が陸上で100m以下、海上で500m以下の霧をいう。
「霞」は、気象用語として用いられていない。

また、気象用語での「靄」の定義は、微小な水滴や湿った微粒子で湿度50%以上のものをいい、湿度50%未満の乾いた煙や砂ぼこりなどによって、視程1km以上10km未満となっている状態は「煙霧」という。

俳句などの季語では、春のものを「霞」、秋のものを「霧」とし、「靄」は単独では季語となっていない。
「霞」が春の季語、「霧」が秋の季語となったのは平安時代頃からで、古くは区別がなく、「霧」も「霞」も春秋を問わず使われていた。

今見られている記事 ランダム
  1. ゴルフクラブとカントリークラブの違い

  2. 金持ちの意味・類語・言い換え

  3. コーヒーの意味・別名・類語

  4. 漁夫の利の語源・由来

  5. 次郎柿の語源・由来

  6. 滅法の語源・由来

  7. 身も蓋もないの語源・由来

  8. あたりめの意味・別名・類語

  9. 土と泥と泥土の違い

  10. 秋茄子は嫁に食わすなの語源・由来

  1. 毎月(まいげつ)の意味・類語・言い換え

  2. カタログとパンフレットとリーフレットの違い

  3. 煎茶の栄養基礎知識

  4. 惣菜の意味・類語・言い換え

  5. うなじの語源・由来

  6. パスタとスパゲッティの違い

  7. ごぼう抜きの語源・由来

  8. おざなりの意味・類語・言い換え

  9. さけるとよけるの違い・使い分け

  10. うり坊の意味・別名・類語

人気記事

  1. 改定と改訂の違い・使い分け

  2. ビュッフェとバイキングの違い

  3. 同級生と同期生と同窓生の違い

  4. おはぎとぼたもちとあんころもちの違い

  5. 沖縄の道路が滑りやすい理由

  6. 時計の針が右回りになった理由

  7. 金管楽器と木管楽器の違い

TOP