牛の語源・由来

牛の語源が日本語にあるとするならば、「オホシシ(大獣・大肉)」の約であろう。
しかし、3世紀以降に朝鮮半島から日本へ輸入されていることから、朝鮮の方言で「牛」を呼ぶ「ウ(u)」に「シシ(獣・肉)」が付いた語ともいわれる。
また、韓国語では「ソ(sjo)」ということから、「ウ(u)」と「ソ(sjo)」から変化して「ウシ」になったとの見方もある。
「牛」の漢字は頭部を描いたもので、漢音の「ギュウ(ギウ)」や呉音の「グ」は、「ンゴウ」という鳴き声を真似た擬声語と考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 泥棒の語源・由来

  2. お墨付きの語源・由来

  3. 十分と充分の違い・使い分け

  4. ナゲットの語源・由来

  5. 薩摩守の語源・由来

  6. 楽しいと面白いの違い・使い分け

  7. うなじの語源・由来

  8. 座るの語源・由来

  9. 形見の語源・由来

  10. くだを巻くの語源・由来

  1. 卵黄の栄養基礎知識

  2. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  3. アサリの栄養基礎知識

  4. 恐竜の語源・由来

  5. スケブの意味・類語・言い換え

  6. コウモリの意味・別名・類語

  7. ドーベルマンの語源・由来

  8. 九仞の意味・類語・言い換え

  9. 居眠りの意味

  10. 扁桃腺の種類

人気記事

  1. ひつじ雲とうろこ雲といわし雲の違い

  2. 電卓と電話でテンキーの並び順が違うのはなぜか

  3. かけうどんと素うどんの違い

  4. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  5. 飛行機と航空機の違い

  6. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  7. 一般職と総合職の違い

TOP