クエン酸の語源・由来

クエン酸の「クエン」とは、中国語で「シトロン(マルブシュカン)」を指す「枸櫞(くえん)」のこと。
日本では、シトロン以外にも酸味のあるレモン類を表す言葉として「枸櫞」が用いられていた。
この化合物は、それら柑橘類に特に多く含まれる有機酸であることから、「枸櫞酸」と名付けられた。
現代では「クエン酸」と書くのが一般的だが、戦前までは「枸櫞酸」と漢字表記されていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 岩手県の語源・由来

  2. 唐突の語源・由来

  3. サワラの意味・別名・類語

  4. サバの語源・由来

  5. 「重体」と「重態」の違い

  6. イワシの語源・由来

  7. うなぎの意味・別名・類語

  8. かかしの語源・由来

  9. 「関東雛」と「京雛」の違い

  10. 南無三の意味・類語・言い換え

  1. カワセミの意味・別名・類語

  2. とりあえずの意味・類語・言い換え

  3. 亜麻仁の栄養基礎知識

  4. 「渡る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. 尊宅の意味・類語・言い換え

  6. メバルの語源・由来

  7. 鮒の種類

  8. 乙女の意味・類語・言い換え

  9. コスモス(宇宙)の語源・由来

  10. ボブスレーの意味・別名・類語

人気記事

  1. お歴々の語源・由来

  2. ゲソの語源・由来

  3. 「森」と「杜」の違い

  4. 硯の語源・由来

  5. 筆耕の語源・由来

  6. 「死体」と「遺体」の違い

  7. 大枚をはたくの語源・由来

TOP