旬の語源・由来

旬は「10日」を意味する言葉である。
本来の読みは「じゅん」であるが、漢音で「しゅん」と読むのが習慣であった。
古くは、毎旬の初め(1日・11日・21日)と月の後半の初め(16日)に、天皇が臣下から政務を聞き、宴を催す儀式を「旬」と称した。
平安中期以後、この儀式は4月1日と10月1日だけになり、4月を「孟夏の旬」、10月を「孟冬の旬」と称し、二つを合わせて「二孟の旬」といった。
孟夏の旬には「扇」、孟冬の旬にはアユの幼魚である「氷魚(ひお)」を賜ったことから、最盛の時期・魚介類や野菜などの最もおいしい時期を「旬」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. くちなわの語源・由来

  2. 単刀直入の語源・由来

  3. 半寿の語源・由来

  4. 元気の語源・由来

  5. キャビアの栄養基礎知識

  6. 書き入れ時の語源・由来

  7. 青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの違い

  8. 食料と食糧の違い・使い分け

  9. ゲソの語源・由来

  10. アートの語源・由来

  1. 世界の語源・由来

  2. ねじるの語源・由来

  3. ポストの語源・由来

  4. ペンションの語源・由来

  5. 向上の意味

  6. 会社の犬の意味・類語・言い換え

  7. ハトの意味・別名・類語

  8. ごめんの語源・由来

  9. とてつもないの語源・由来

  10. 蜜柑の花の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 日本酒と焼酎の違い

  2. やきとりと焼き鳥の違い

  3. 御霊前と御仏前の違い

  4. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

  5. 好意と厚意の違い・使い分け

  6. 夏季と夏期の違い・使い分け

  7. 震度とマグニチュードの違い

TOP