道具の語源・由来

道具は「仏道の具」のことで、仏道修業のための三衣一鉢などの六物、十八物、百一物といった必要品や、密教で修法に用いる法具を指した。
そこから、武家では槍や刀などの武具を「道具」と言うようになり、芝居などでは「大道具」「小道具」、一般には物を作ったりするための用具などを指すようになった。
他人に利用される人の意味で「道具」が使用された例は、江戸時代から見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  2. くしゃみの語源・由来

  3. カロリーゼロとカロリーオフの違い

  4. 出生地(生まれ)と出身地と地元と故郷の違い・使い分け

  5. 昨日の語源・由来

  6. アスパラガスの栄養基礎知識

  7. 牡蠣の栄養基礎知識

  8. 本の語源・由来

  9. 目白押しの語源・由来

  10. ボーナスの語源・由来

  1. 投棄の意味・類語・言い換え

  2. マンスリーマンションの意味・類語・言い換え

  3. 田尻町の意味・シンボル

  4. 卵の栄養基礎知識

  5. 燃やすと焼くと焚くの違い

  6. お疲れ様とご苦労様の違い・使い分け

  7. シミュレーションとシュミレーションの違い

  8. たまごの語源・由来

  9. 社畜の意味・類語・言い換え

  10. 物色の語源・由来

人気記事

  1. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  2. クレヨンとクレパスの違い

  3. 真夏と盛夏と盛暑の違い

  4. トナカイと鹿の違い・見分け方

  5. ふらふらとぶらぶらとぷらぷらの違い・使い分け

  6. ねぶたとねぷたの違い

  7. 沖縄の道路が滑りやすい理由

TOP