つまりの語源・由来

つまりは、動詞「詰まる」の連用形が名詞で「詰まり」となり、行き止まりや隅、最後のところなど、場所の終わりを表すようになった。
そこから、物事の結末や最後も意味するようになり、それが副詞に転用され、「話の落ち着くところは」「要するに」「言い換えると」「すなわち」なども意味するようになった。
名詞用法は中世から見え、副詞用法は近世からで、現代で多く使われる「要するに」「すなわち」の意味の成立は遅く、近世末から近代にかけてである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. お前の語源・由来

  2. メークインの意味・類語・言い換え

  3. 常滑市の語源・由来

  4. 「フクロウ」と「ミミズク」の違い

  5. キツネノボタンの語源・由来

  6. うどんの意味・別名・類語

  7. 資本の語源・由来

  8. 「無料」と「無償」の違い

  9. 行水の語源・由来

  10. 日高市の語源・由来

  1. 紳士の語源・由来

  2. ごちそうの語源・由来

  3. 天竺牡丹の語源・由来

  4. ユートピアの語源・由来

  5. 本命の語源・由来

  6. 「台風」と「熱帯低気圧」の違い

  7. 「目」「まなこ」「瞳」の違い

  8. 「現す/表す/顕す/露わす」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 「港」と「湊」の違い

  10. 西宮市の語源・由来

人気記事

  1. 岡持ちの語源・由来

  2. あなごの栄養基礎知識

  3. ヒラメの語源・由来

  4. 「鮭」と「サーモン」の違い

  5. 「から揚げ」と「竜田揚げ」の違い

  6. どんでん返しの語源・由来

  7. 杞憂の語源・由来

TOP