つまりの語源・由来

つまりは、動詞「詰まる」の連用形が名詞で「詰まり」となり、行き止まりや隅、最後のところなど、場所の終わりを表すようになった。
そこから、物事の結末や最後も意味するようになり、それが副詞に転用され、「話の落ち着くところは」「要するに」「言い換えると」「すなわち」なども意味するようになった。
名詞用法は中世から見え、副詞用法は近世からで、現代で多く使われる「要するに」「すなわち」の意味の成立は遅く、近世末から近代にかけてである。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 企業家の意味・類語・言い換え

  2. 取り越し苦労の意味・類語・言い換え

  3. 立春の意味・類語・言い換え

  4. 牧師の意味・類語・言い換え

  5. 七五三の語源・由来

  6. 炒り卵の意味・類語・言い換え

  7. 閏年の語源・由来

  8. パスタの語源・由来

  9. 小賢しいの語源・由来

  10. クーデターと革命と反乱と内乱の違い

  1. 事典の意味・類語・言い換え

  2. 食べ物の意味・類語・言い換え

  3. 累月の意味・類語・言い換え

  4. 土用の丑の意味・類語・言い換え

  5. 凍死の意味・類語・言い換え

  6. 同意語の意味・類語・言い換え

  7. 無邪気の意味・類語・言い換え

  8. 料理の語源・由来

  9. 背水の陣の語源・由来

  10. 青天の霹靂の語源・由来

人気記事

  1. 食料と食糧の違い・使い分け

  2. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

  3. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  4. 山と丘の違い

  5. 違うと異なるの違い・使い分け

  6. なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

  7. 震度とマグニチュードの違い

TOP