仁義の語源・由来

仁義は、本来、儒教道徳で最も重んじられる根本理念のことである。
「仁」は、広く他人やものを思いやり、いつくしみの気持ちをもつこと。
「義」は、行いが道徳・倫理にかなっていることを意味する。

ヤクザなどが挨拶の意味で使う「仁義」は、儒教の「仁義」とは無関係な言葉で、「挨拶をすること」や「お辞儀」の意味の「辞宜・辞儀(じぎ)」が語源である。
しかし、中世頃から「じぎ」が「じんぎ」に転じ、江戸時代中頃から「仁義」と混同され、現在のような用いられ方になった。
挨拶をすることは「仁義を切る」、仁義を守ることは「仁義立て」という。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 虫酸が走るの語源・由来

  2. マグロの意味・別名・類語

  3. フクロウの意味・別名・類語

  4. 酒池肉林の語源・由来

  5. 祭月の意味・異名・類語

  6. 夏の語源・由来

  7. 閻魔帳の意味・類語・言い換え

  8. ポニーテールの語源・由来

  9. リーゼントの語源・由来

  10. すみません(すいません)の語源・由来

  1. ツラミの語源・由来

  2. クジラの種類

  3. サイプレスの語源・由来

  4. おがくずの語源・由来

  5. ありきたりの意味・類語・言い換え

  6. 段取りの語源・由来

  7. 抹茶の栄養基礎知識

  8. うってつけの語源・由来

  9. 相棒の意味・類語・言い換え

  10. 土壇場の語源・由来

人気記事

  1. 「暖かい」と「温かい」の違い

  2. 踊り場の語源・由来

  3. ゆうべの語源・由来

  4. 「コスプレ」「仮装」「変装」「扮装」の違い

  5. うんともすんともの語源・由来

  6. 和泉市の語源・由来

  7. 「ウール」と「カシミヤ(カシミア)」の違い

TOP