兎馬の語源・由来

兎馬は、ロバの耳がウサギの耳のように長く大きいところから付いた名。
『三国志』や『三国志演義』には、「赤兎馬(せきとば)」という名前の馬が登場するが、これは「赤色のロバ」という意味ではなく、ウサギのように素早い赤い毛の馬の意味といわれている。

出典:語源由来辞典

TOP