牛に経文の語源・由来

どんなに素晴らしい経文を牛に説き聞かせても、言葉の通じない牛は聞く耳を持たず、全く効果がないことから、言い聞かせても効き目のないことを「牛に経文」と言うようになった。
対象が「牛」である理由は、古くから家畜として飼われ人間の近くにいたことや、何事にも動じなさそうな姿からと思われる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 臍を噛むの意味・類語・言い換え

  2. 白昼夢の意味

  3. 計ると測ると量るの違い・使い分け

  4. なすびの意味・別名・類語

  5. リベラルの意味・類語・言い換え

  6. 釘を刺すの語源・由来

  7. イノシシの語源・由来

  8. ワクワクの意味・類語・言い換え

  9. パンケーキとホットケーキの違い

  10. ティラミスの語源・由来

  1. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  2. 聞くと聴くと訊くの違い・使い分け

  3. 手前味噌の意味・類語・言い換え

  4. 馬鹿の意味・類語・言い換え

  5. 関東雛と京雛の違い

  6. よしずの語源・由来

  7. 精算と清算の違い・使い分け

  8. 無料と無償の違い

  9. マンスリーの意味・類語・言い換え

  10. レンタルとリースとローンの違い

人気記事

  1. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  2. 調理と料理の違い・使い分け

  3. なぜ雪は白いのか

  4. 制作と製作と作成と作製と製造の違い・使い分け

  5. 氾濫と決壊の違い

  6. なぜ空は青いのか

  7. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

TOP