よもぎの語源・由来

よもぎの「よ」は「ますます」を意味する「いや・いよ(弥)」、もしくは「よく(善)」の意味。
「も」は「萌える」か「燃える」の意味で、「ぎ(き)」は茎のある立ち草の意味。
つまり、よもぎの語源は「いよいよ萌え茂った草」か「よく燃える草」の意味からである。
「もぐさ」の語源が「燃え草」にあるため、よもぎの語源も「よく燃える草」の説ととることも出来る。
しかし、自然な状態から考えれば、その旺盛な繁殖力から「いよいよ萌え茂った草」の意味の方が良いであろう。
よもぎは香りが強いことから邪気を祓うものとされ、古く、5月5日の端午の節句にはショウブと共に軒にさしたり、くす玉にした。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 紫芋の栄養基礎知識

  2. ふてくされるの語源・由来

  3. 九官鳥の語源・由来

  4. 漫才の語源・由来

  5. アンジェリカの語源・由来

  6. 踏ん切りの語源・由来

  7. サルビアの種類

  8. 入れ墨(刺青)の語源・由来

  9. 走狗の語源・由来

  10. 壺の語源・由来

  1. 起業家の意味・類語・言い換え

  2. マニフェストの語源・由来

  3. 十二支の意味・類語・言い換え

  4. こめかみの語源・由来

  5. あげまんの語源・由来

  6. ワクチンの語源・由来

  7. タピオカの語源・由来

  8. 糟糠の妻の語源・由来

  9. 花の語源・由来

  10. ポタージュの語源・由来

人気記事

  1. 目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

  2. 山と丘の違い

  3. 軟水と硬水の違い

  4. 歌手と声楽家とシンガーの違い

  5. 畳の江戸間と京間と中京間と団地間の違い

  6. 国立公園と国定公園と国営公園と国民公園の違い

  7. 一般職と総合職の違い

TOP