よもぎの語源・由来

よもぎの「よ」は「ますます」を意味する「いや・いよ(弥)」、もしくは「よく(善)」の意味。
「も」は「萌える」か「燃える」の意味で、「ぎ(き)」は茎のある立ち草の意味。
つまり、よもぎの語源は「いよいよ萌え茂った草」か「よく燃える草」の意味からである。
「もぐさ」の語源が「燃え草」にあるため、よもぎの語源も「よく燃える草」の説ととることも出来る。
しかし、自然な状態から考えれば、その旺盛な繁殖力から「いよいよ萌え茂った草」の意味の方が良いであろう。
よもぎは香りが強いことから邪気を祓うものとされ、古く、5月5日の端午の節句にはショウブと共に軒にさしたり、くす玉にした。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「セロハンテープ」と「セロテープ」の違い

  2. 米寿の語源・由来

  3. ト書きの意味・類語・言い換え

  4. 津波の語源・由来

  5. 同意語の意味・類語・言い換え

  6. 鯛の意味・別名・類語

  7. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」の違い

  8. 世知辛いの意味・類語・言い換え

  9. 国分寺市の意味・シンボル

  10. 黄昏の意味・類語・言い換え

  1. 松の種類

  2. サナダムシの語源・由来

  3. 後悔先に立たずの語源・由来

  4. 「玉」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. いびきの語源・由来

  6. エゴマの語源・由来

  7. アルペンスキーの意味・類語・言い換え

  8. ハイジャックの語源・由来

  9. 「方言」と「訛り」の違い

  10. 北九州市の語源・由来

人気記事

  1. 宇治市の語源・由来

  2. 「夫婦」と「夫妻」の違い

  3. 「平和」と「和平」の違い

  4. 月並みの語源・由来

  5. 舞茸の栄養基礎知識

  6. フクロウの語源・由来

  7. 矢も盾もたまらないの語源・由来

TOP