入れ墨(刺青)の語源・由来

入れ墨は、文字通り、墨を入れることからの名。
刺青は「入れ墨」の別称で、本来は「しせい」と読むが、当て字として用いられるようになったもの。
谷崎潤一郎が明治43年(1910年)に発表した小説『刺青(しせい)』以降、特に「いれずみ」を「刺青」と表記することが多くなった。
「刺青」のほか、「文身(ぶんしん)」や「黥(げい)」を「いれずみ」と読ませることもある。

入れ墨は、前科のしるしとして行われた刑罰のひとつで、江戸時代には、上腕部を一周する単色の線が二、三本入れられた。
これは、古代中国の五刑のひとつ「黥(げい)」に由来する。
江戸時代、ファッションとしての入れ墨は「彫り物」と呼ばれ、刑罰の「入れ墨」と区別されることが多かった。
彫り物は、遊び人などの間で盛んに行われたものだが、自らが入れる入れ墨は、元々は、漁師が遭難で死んだ際の身元確認のためや、火消しの鳶が粋を見せるために行ったものであったといわれる。
刺青を入れることは、「入れる」「彫る」「刺す」と言うほか、「きざむ」「さく」「もどろく」などと言う。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. しめ縄の語源・由来

  2. サービスエリアとパーキングエリアの違い

  3. 忖度の意味・類語・言い換え

  4. 会社の意味・類語・言い換え

  5. なぜ雪は白いのか

  6. 厄介の語源・由来

  7. シンガーの意味・類語・言い換え

  8. 以下と未満の違い・使い分け

  9. ワシントンD.C.とワシントン州の違い

  10. 呉服の語源・由来

  1. 効くと利くの違い・使い分け

  2. なおざりの語源・由来

  3. 氏の語源・由来

  4. お疲れ様とご苦労様の違い・使い分け

  5. 足の語源・由来

  6. 裏目に出るの語源・由来

  7. やきとりと焼き鳥の違い

  8. 基準と標準と水準の違い・使い分け

  9. ベランダとバルコニーとテラスの違い

  10. プライドの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 校正と校閲の違い

  2. 雑草と野草の違い

  3. 餃子の王将と大阪王将と餃子の王さまの違い

  4. 大トロと中トロと赤身の違い

  5. 簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い

  6. 穴と孔の違い・使い分け

  7. ノースリーブとタンクトップとランニングシャツの違い

TOP