判官贔屓の語源・由来

判官とは平安時代に置かれた検非違使の尉のことだが、判官贔屓の「判官」は「九郎判官」と呼ばれた源義経を指す。
平家討伐に功績のあった義経は、人々から賞賛されたが、兄の頼朝に憎まれた。
奥州平泉に逃げた義経は藤原秀衡に助けられたが、秀衡の死後、秀衡の子である泰衡に襲われ自ら命を絶った。
あえない最期を遂げた義経に人々が同情し、贔屓したことから、「判官贔屓」という言葉が生まれた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. まなこの語源・由来

  2. 河童の語源・由来

  3. シンボルの意味・類語・言い換え

  4. 代金の意味・類語・言い換え

  5. チョウザメの語源・由来

  6. 酉(酉年)の語源・由来

  7. シンガーの意味・類語・言い換え

  8. 唐黍の花の意味・別名・類語

  9. 不届きの意味・類語・言い換え

  10. 「残る」と「余る」の違い

  1. 油を売るの意味・類語・言い換え

  2. 許婚の語源・由来

  3. ずんぐりの意味・類語・言い換え

  4. りんごの種類

  5. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  6. あなたの意味・類語・言い換え

  7. デッサンの意味・類語・言い換え

  8. 文明の種類

  9. 餅の語源・由来

  10. 混ぜるの語源・由来

人気記事

  1. ライ麦の語源・由来

  2. 田作りの語源・由来

  3. お開きの語源・由来

  4. 当てずっぽうの語源・由来

  5. ファビュラスの語源・由来

  6. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」の違い

  7. 「元日」「元旦」「正月」の違い

TOP