ありきたりの語源・由来

ありきたりは、動詞「在り(有り)来たる」の連用形が形容詞として用いられるようになった語。
「あり(在り・有り)」は「存在すること」、「来たる」は動詞の連用形に付いて「し続けて現在にまで及ぶ」を意味する。
ありきたりの原義は、「もとから存在し続けてきたこと」「今まで通りであること」である。
転じて、「ありふれていること」「珍しくないこと」の意味となった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ヘリコプターの種類

  2. 已己巳己の語源・由来

  3. 「朝令暮改」と「朝三暮四」の違い

  4. おすそ分けの語源・由来

  5. キョウチクトウの語源・由来

  6. ハンカチの語源・由来

  7. 狂言の語源・由来

  8. 急須の語源・由来

  9. コエンドロの意味・別名・類語

  10. カラットの意味・類語・言い換え

  1. バンジージャンプの語源・由来

  2. 牛乳の栄養基礎知識

  3. アボカドの栄養基礎知識

  4. キャッサバでん粉の栄養基礎知識

  5. 桜肉の意味・別名・類語

  6. 岡山県の市区町村名一覧

  7. 着物の意味・類語・言い換え

  8. 鼎の軽重を問うの意味

  9. むなしいの語源・由来

  10. 鬼簿の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 已己巳己の語源・由来

  2. 「謝罪」「陳謝」「深謝」の違い

  3. きゅうりの栄養基礎知識

  4. 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」の違い

  5. あおさの栄養基礎知識

  6. あくびの語源・由来

  7. グレるの語源・由来

TOP