大雑把の語源・由来

「雑把」は雑にまとめられたものを表す語で、「大雑把」以外では、薪にするために切り割ったした木切れの「薪雑把(まきざっぽう・まきざっぱ)」に使われる。
方言では、燃料にする屑板の束や、粗い茶の葉を「ざっぱ」と言う地域もある。
雑にまとめられたものを表す「雑把」に、大きいの語根「大」が付いた「大雑把」は、細かいところにこだわらずに大まかである行動や考えを表すようになった。

出典:語源由来辞典

TOP