お造りの語源・由来

お造りは、「つくり身」の「身」が略され、接頭語「お(御)」が付いた言葉で、元々は女性語である。
武家社会では「切る」という語を忌み嫌ったことから、「刺身」の「刺す」と同様に、関西では魚を切ることを「つくる(作る・造る)」と言い、刺身は「つくり身」と言った。
ただし、関西でも儀式料理では「刺身」が正式な呼び方で、淡水魚も「お造り(つくり身)」ではなく「刺身」と呼ばれていた。
現代では、「造る」という言葉の意味からか、綺麗に盛り飾られた切り身や、尾頭付きの切り身を「お造り」と呼び、飾り気のない切り身を「刺身」と呼ぶ傾向にある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 蚊の種類

  2. 経済の語源・由来

  3. いじめの語源・由来

  4. アンケートの語源・由来

  5. 洗脳の語源・由来

  6. 書き入れ時の語源・由来

  7. ベーコンの語源・由来

  8. 東京都の語源・由来

  9. 戸惑いの語源・由来

  10. たらい回しの語源・由来

  1. プレゼントとギフトの違い

  2. 進展の意味・類語・言い換え

  3. 勘定の意味・類語・言い換え

  4. ひとりぼっちの語源・由来

  5. 多機能の意味・類語・言い換え

  6. キャビアの栄養基礎知識

  7. サンタクロースの意味・別名・類語

  8. 大阪府の意味・シンボル

  9. 岩手県の市町村名一覧

  10. 秘密と内緒と内密の違い・使い分け

人気記事

  1. 旨味とうま味の違い

  2. 好意と厚意の違い・使い分け

  3. 人魚の数え方と鬼の数え方の違い

  4. トナカイとカリブーの違い

  5. 赤鬼と青鬼と黄鬼と緑鬼と黒鬼の違い

  6. 修正と訂正の違い・使い分け

  7. うなじと襟足と首筋の違い

TOP