醸造酒と蒸留酒と混成酒の違い


お酒は製造方法によって分類すると、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種類に分けられる。

醸造酒とは、穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させて造った酒のこと。
代表的な醸造酒には、大麦を主な原料とする「ビール」、ブドウを原料とする「ワイン」、白米を原料とする「日本酒」、糯米を原料とする「紹興酒」などがある。
醸造酒のアルコール度数は、一般に蒸留酒よりも低く、最高でも20度程度である。

蒸留酒とは、原料を発酵させた醸造酒をさらに蒸留して造った酒のこと。
大雑把に言えば、ホップなしのビールを蒸留したものがウイスキー、ワインを蒸留したものがブランデー、日本酒を蒸留したものが米焼酎である。
このほか、蒸留酒にはウォッカ・ジン・ラム・テキーラ・泡盛などがある。
酒を加熱し、その蒸気を冷やして液体にすることで、アルコール度数は高くなるため、蒸留酒は醸造酒よりもアルコール度数が高い。
ちなみに、世界一アルコール度数が高いのは、ポーランド原産のウォッカ「スピリタス」で、アルコール度数96度である。

混成酒とは、醸造酒や蒸留酒に、果実や香料・糖分などを加えた再製酒のこと。
主な混成酒には、梅酒・リキュール・ベルモット・薬酒・みりん・白酒がある。
混成酒のアルコール度数は、元となる酒の種類によって異なるため、醸造酒や蒸留酒との比較は難しい。
梅酒のアルコール度数は8~20度、リキュールは15~55度、みりん(本みりん)は12~15度である。


今見られている記事 ランダム
  1. 恭賀新年の意味・類語・言い換え

  2. いかずちの語源・由来

  3. 食料と食糧の違い・使い分け

  4. 文句の意味・類語・言い換え

  5. 自賠責保険の意味・類語・言い換え

  6. 堪能の語源・由来

  7. クリスマスの語源・由来

  8. パフュームの意味・類語・言い換え

  9. 干支と十二支の違い

  10. 大笑いと爆笑と哄笑とバカ笑いと高笑いの違い

  1. 五月雨の語源・由来

  2. シソーラスの意味・類語・言い換え

  3. 天気の意味・類語・言い換え

  4. 責任転嫁の語源・由来

  5. 未成年の意味

  6. Tシャツの語源・由来

  7. 会敵の意味・類語・言い換え

  8. 横綱の語源・由来

  9. 発破をかけるの語源・由来

  10. なぜ人間だけが言葉を話せるのか

人気記事

  1. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  2. 自然と天然の違い

  3. 探求と探究の違い・使い分け

  4. 関東と関東地方と首都圏と東京圏の違い

  5. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  6. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  7. ねだるとせがむとせびるの違い

TOP