「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の違い

お酒は製造方法によって分類すると、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種類に分けられる。

醸造酒とは、穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させて造った酒のこと。
代表的な醸造酒には、大麦を主な原料とする「ビール」、ブドウを原料とする「ワイン」、白米を原料とする「日本酒」、糯米を原料とする「紹興酒」などがある。
醸造酒のアルコール度数は、一般に蒸留酒よりも低く、最高でも20度程度である。

蒸留酒とは、原料を発酵させた醸造酒をさらに蒸留して造った酒のこと。
大雑把に言えば、ホップなしのビールを蒸留したものがウイスキー、ワインを蒸留したものがブランデー、日本酒を蒸留したものが米焼酎である。
このほか、蒸留酒にはウォッカ・ジン・ラム・テキーラ・泡盛などがある。
酒を加熱し、その蒸気を冷やして液体にすることで、アルコール度数は高くなるため、蒸留酒は醸造酒よりもアルコール度数が高い。
ちなみに、世界一アルコール度数が高いのは、ポーランド原産のウォッカ「スピリタス」で、アルコール度数96度である。

混成酒とは、醸造酒や蒸留酒に、果実や香料・糖分などを加えた再製酒のこと。
主な混成酒には、梅酒・リキュール・ベルモット・薬酒・みりん・白酒がある。
混成酒のアルコール度数は、元となる酒の種類によって異なるため、醸造酒や蒸留酒との比較は難しい。
梅酒のアルコール度数は8~20度、リキュールは15~55度、みりん(本みりん)は12~15度である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. アーモンドの栄養基礎知識

  2. 大分県の市町村名一覧

  3. 渋谷区の語源・由来

  4. 唐変木の意味・類語・言い換え

  5. てこずるの語源・由来

  6. ダウ平均の語源・由来

  7. 御託を並べるの意味・類語・言い換え

  8. 「眉」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. アカメガシワの語源・由来

  10. 腑に落ちないの語源・由来

  1. 「猪/豕」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. ペチュニアの意味・別名・類語

  3. ドラゴンの意味・別名・類語

  4. ボラの語源・由来

  5. 松戸市の意味・シンボル

  6. 食材の意味・類語・言い換え

  7. ニシキヘビの語源・由来

  8. 出張の語源・由来

  9. 禍福は糾える縄の如しの語源・由来

  10. 「目」と「眼」の違い

人気記事

  1. こめかみの語源・由来

  2. 筆耕の語源・由来

  3. 凄まじいの語源・由来

  4. まばたきの語源・由来

  5. 広島県の語源・由来

  6. 四股名の語源・由来

  7. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」の違い

TOP