浮世の語源・由来

浮世の「うき(浮)」は、「苦しい」「辛い(つらい)」を意味する「憂し」の連用形「憂き」が本来の形で、平安時代には「つらいことが多い世の中」をいった。
やがて、仏教的思想が定着しその厭世観から、この世を「無常のもの」「仮の世」と考えるようになり、「うき世」も「はかない世の中」の意味になっていった。
「はかない世の中」を表すようになったため、漢語の「浮世(ふせい)」を当てた方がふさわしくなり、漢字では「浮世」と表記されるようになった。
江戸時代に入ると、「はかない世の中であれば浮かれて暮らそう」という、現世を肯定した享楽的世間観が生まれ、男女の恋情や遊里で遊ぶことの意味となり、「浮世絵」や「浮世話」のように名詞の上に付いて「当世の」「現代風の」「好色な」といった意味も表すようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. きんつばの語源・由来

  2. まつげの語源・由来

  3. 卯月の語源・由来

  4. 「友」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. ダフ屋の語源・由来

  6. 如才ないの語源・由来

  7. 「専修学校」「専門学校」「各種学校」の違い

  8. カキツバタの意味・別名・類語

  9. 業を煮やすの語源・由来

  10. のべつ幕なしの意味・類語・言い換え

  1. たらふくの意味・類語・言い換え

  2. 福矢の意味・別名・類語

  3. 上越市の語源・由来

  4. クレープの語源・由来

  5. 花蜜柑の意味・類語・言い換え

  6. たちまちの意味・類語・言い換え

  7. 「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」の違い

  8. カリスマの語源・由来

  9. ルーサンの意味・別名・類語

  10. 土用の丑の日の語源・由来

人気記事

  1. 和歌山市の語源・由来

  2. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」の違い

  3. 狛犬の語源・由来

  4. ロハの語源・由来

  5. 「標高」と「海抜」の違い

  6. 風待月の語源・由来

  7. 「ムース」と「ババロア」の違い

TOP