しめ縄の意味・別名・類語

しめ縄の読み・別表記

しめなわ/注連縄/標縄/七五三縄

しめ縄の意味

神前や神事の場所と他の場所を区別し、不浄なものの侵入を禁ずる印として張る縄。一般には、新年に門戸や神棚に張る。《季 新年》

しめ縄の別名・類語

しめ/七五三/しりくめ縄/しりくべ縄/しめ飾り/章断ち/新注連/年縄/左縄/前垂注連/輪注連/輪飾り/大根注連/牛蒡注連/正月飾り

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スパルタ教育の語源・由来

  2. 裸足と素足と生足の違い

  3. ウールとカシミヤ(カシミア)の違い

  4. パンナコッタの語源・由来

  5. かっぱ巻きの意味・別名・類語

  6. 医院の意味・類語・言い換え

  7. 漫画とアニメとアニメーションの違い

  8. 仕事と職業と職の違い・使い分け

  9. 目から鱗が落ちるの語源・由来

  10. 一般職と総合職の違い

  1. 津波の語源・由来

  2. 方法の意味・類語・言い換え

  3. するめの意味・別名・類語

  4. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

  5. 登記の意味・類語・言い換え

  6. 奸臣の意味・類語・言い換え

  7. 女々しいの意味・類語・言い換え

  8. 卵白の栄養基礎知識

  9. カロリーゼロとカロリーオフの違い

  10. つごもりの語源・由来

人気記事

  1. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  2. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  3. ウォーキングとジョギングとランニングの違い

  4. 復讐と報復と仕返しの違い・使い分け

  5. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  6. 交代と交替の違い・使い分け

  7. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

TOP