カツオの語源・由来

カツオは、「カタシ(堅し)」の「カタ」に「ウヲ(魚)」で「カタウヲ」となり、転じて「カツヲ(カツオ)」になったといわれる。
加工されていないカツオは、鎌倉時代まで低級な魚として扱われ、主に干し固めて食用としていたことや、肉がしまっていること、『万葉集』などには「堅魚(カツヲ)」の表記があることから、「カタウヲ」の説は有力とされている。
また、カツオは釣り上げると木の棒で叩いたり、ぶつけたりして処置しておくことから、棒などで打ちたたく意味の「カツ(搗つ)」に「魚(うを)」で「カツウヲ」となり、転じて「カツヲ」になったとする説もある。
魚の名前の多くは漁師から生まれたと考えられており、搗つことはこの魚の特徴的な処理法であるため、「搗つ魚」の説も十分に考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. パフェの種類

  2. レギュラーガソリンとハイオクの違い

  3. カレンダーの意味・別名・類語

  4. 香蕉の意味・別名・類語

  5. サンタクロースの意味・別名・類語

  6. 未満の意味・類語・言い換え

  7. OCRとOMRの違い

  8. 東帰の意味・類語・言い換え

  9. 内緒の語源・由来

  10. かいわれ大根の語源・由来

  1. 積極的と自発的と能動的の違い・使い分け

  2. 生かすの意味

  3. 心肺停止状態の意味・類語・言い換え

  4. メリハリの意味・類語・言い換え

  5. 死の意味・類語・言い換え

  6. やぶへびの意味・類語・言い換え

  7. 雨月の意味・類語・言い換え

  8. いなせの語源・由来

  9. 沢山の語源・由来

  10. 早苗月の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 初夏と立夏と孟夏の違い

  2. 登山とトレッキングとハイキングの違い

  3. 電子レンジの仕組み・原理

  4. 「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

  5. 沖縄の道路が滑りやすい理由

  6. 「せわしい」と「せわしない」が同じ意味になる理由

  7. 発達と発展と進展と進歩と向上の違い・使い分け

TOP