ネーブルオレンジの語源・由来

ネーブル(navel)とは、「へそ(臍)」のこと。
果頂部(へたと反対部分)がへそ形に盛り上がっていることから、こう呼ばれるようになった。
日本では「臍蜜柑(へそみかん)」や「臍橙(へそだいだい)」という地方もあるが、日本人がネーブルの形を見て名付けたのではなく、「ネーブルオレンジ」の訳からの命名と思われる。
ブラジルでオレンジの枝変わりとして発生したネーブルは、19世紀後半にカリフォルニアで2本の苗木から育成され、甘くて美味しい種無しオレンジとなった。
ネーブルが日本への輸入・移植されたのは、明治22年(1889年)といわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 塗炭の苦しみの語源・由来

  2. 大根役者の語源・由来

  3. 心配の意味・類語・言い換え

  4. やぶへびの意味・類語・言い換え

  5. つつがない(つつがなく)の語源・由来

  6. ちょんまげの語源・由来

  7. まずいの語源・由来

  8. 令辰の意味・類語・言い換え

  9. 福寿草の意味・別名・類語

  10. 日本一高い山は富士山ではなかった

  1. プレゼントの語源・由来

  2. スルメイカの意味・別名・類語

  3. うな重の意味・別名・類語

  4. パウンドケーキの語源・由来

  5. カヤの語源・由来

  6. ドヤ顔の語源・由来

  7. ケールの栄養基礎知識

  8. ポン酢の語源・由来

  9. 白日の意味

  10. あどけないの語源・由来

人気記事

  1. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い

  2. 誰でも確実で簡単に美人になれる方法

  3. 生い立ちと育ちの違い・使い分け

  4. アシカとアザラシとセイウチの違い

  5. 幼稚園と保育園と保育所と託児所の違い

  6. 茶道で茶碗を回す理由

  7. クレヨンとクレパスの違い

TOP