目と眼の違い・使い分け


視覚器官の「め」を表す漢字には、「目」と「眼」がある。
目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「魚の目」「痛い目」「ひいき目」など、目の形状や働き・機能などからたとえた言葉も多く、広い意味で用いられる。

医学的・生理学的・生物学的な用語では、器官や構造として「眼」が多く用いられるが、それ以外の場面ではあまり用いられない。
眼の字を使う言葉は、「眼科」「眼圧」「眼球」「眼孔」など「がん」と発音するものが多く、視覚機能や構造を意味するものが多い。
眼を「め」と読む言葉には、「眼鏡」や「眼薬」などあるが、これも器官の意味で使われている。

「専門家のめ」など、物事を見抜く力、洞察力を意味する時の「め」は、「目」と「眼」の両方が使われるが、科学的であったり、鋭い洞察力であることを表現する際に、「眼」を用いることが多い。

めだまは「目玉」としか書かないが、「めのたま」といった場合は「目」も「眼」も使われる。
「目」を使う場合は「目の玉」だが、「眼」を使う場合は「眼の球」と書き、構造的な意味合いが強い表現となる。

今見られている記事 ランダム
  1. 恵方の意味・類語・言い換え

  2. 蘿藦の意味・別名・類語

  3. お造りの語源・由来

  4. 老人週間の意味・類語・言い換え

  5. 一騎当千の語源・由来

  6. 嵐の語源・由来

  7. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  8. 晴天の意味

  9. 蛇足の語源・由来

  10. 阿呆の語源・由来

  1. ラーメンの語源・由来

  2. スダチとカボスの違い

  3. 欲張りと貪欲と強欲の違い

  4. イタチの意味

  5. 韋駄天の意味・類語・言い換え

  6. Aprilの意味・類語・言い換え

  7. ピラフの語源・由来

  8. 未曾有の意味・類語・言い換え

  9. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  10. チョコレートの意味・別名・類語

人気記事

  1. アーモンドとピーナッツの違い

  2. 効果と効能の違い

  3. プレゼントとギフトの違い

  4. 薬局と薬店とドラッグストアの違い

  5. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  6. 団扇(うちわ)と扇子(せんす)の違い

  7. 紋は黒いのにモンシロチョウという理由

TOP