虻蜂取らずの語源・由来

虻蜂取らずは、「虻も取らず蜂も取らず」が簡略化された語。
クモの巣を張ったクモが、虻がかかったのを見て取りに行こうとしたところ、蜂もクモの巣にかかったので虻を放っておいて蜂を取りに行く。
すると、虻が逃げようとするので、また虻の方に行くと蜂が逃げようとする。
あちこちしているうちに、虻にも蜂にも逃げられてしまい、結局どちらも取れなくなってしまう。
そのことから、ひとつのことに専念すれば良いのに、同時にいくつかのものを狙ったために何も得られず、失敗することのたとえとして、「虻蜂取らず」と言うとうになった。
「虻蜂取らず鷹の餌食」や「虻蜂取らず蚊の餌食」など、後に続くことわざもある。
これらは失敗した上、更に損することを強調するため、後に言葉を続けたものである。

出典:語源由来辞典

TOP