出世魚の語源・由来

江戸時代まで、人は元服や出世に伴ない名前を変えたことから、魚の名前が変わることを出世に見立てて「出世魚」と呼ぶようになった。
出世魚が名前を変えて呼ばれるのは、大きさや外見・食味の変化のためである。
出世魚の名前は地方によって異称も多く、ブリの場合であれば、関東で「ワカシ」「イナダ」「ワラサ」「ブリ」と変わるのに対し、関西では「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」という。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ビワの語源・由来

  2. 汗疹の意味・別名・類語

  3. 蛾の意味・別名・類語

  4. 木枯らしの意味・類語・言い換え

  5. 兎馬の語源・由来

  6. 「復讐」「報復」「仕返し」の違い

  7. 御代の号の意味・類語・言い換え

  8. カイツブリの意味・別名・類語

  9. フーテンの語源・由来

  10. 大根の種類・変種

  1. 固唾を呑むの語源・由来

  2. 勘定の意味・類語・言い換え

  3. 「頭」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. 三下の語源・由来

  5. シソの意味・別名・類語

  6. 助六寿司の意味・別名・類語

  7. 土用の丑の日の語源・由来

  8. 高知県の市町村名一覧

  9. 呼び水の語源・由来

  10. 「看病」「看護」「介抱」の違い

人気記事

  1. 池の語源・由来

  2. 「尊い」と「貴い」の違い

  3. 広島市の語源・由来

  4. 「野菜」と「蔬菜」の違い

  5. 篝火花の語源・由来

  6. 唐変木の語源・由来

  7. 結納の語源・由来

TOP