「小額」と「少額」の違い

小額は「小さな額」で、金額の単位が小さいという意味。
1万円札に対して1円玉や100円玉などが小額で、「小額紙幣」「小額貨幣」「小額通貨」などと用いる。

少額は「少しの額」で、金額が少ないという意味。
同じ1万円であっても、1円や10円からすれば多い金額だが、100万円や1,000万円からすれば少ない金額で、基準となる額から見た時に少ない金額が「少額」となる。
「少額出資」「少額訴訟」「少額の寄付」「少額の費用」など、小額に比べて使用される頻度が高い。

小額の対義語は高額で「高額紙幣」など、少額の対義語は多額で「多額の費用」などと用いられる。

ただし、「少額訴訟」の対義語となるのは、「多額訴訟」ではなく「高額訴訟」であるように、少額と高額が対となることも多い。
これは、高額が金額の単位が大きい意味のほか、多額の類語で「高い金額」も表すためである。
また、少額の類義語には「低額」があり、低額も高額の対義語である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 祝いの語源・由来

  2. しゃもじの意味・別名・類語

  3. 麻雀の語源・由来

  4. 馬の骨の語源・由来

  5. 鶏卵の種類

  6. 「衣」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 西尾市の語源・由来

  8. ガスの語源・由来

  9. 徳島県の意味・シンボル

  10. 帰国子女の語源・由来

  1. 蓑の語源・由来

  2. 海賊版の意味・別名・類語

  3. 傘寿の意味・類語・言い換え

  4. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

  5. ヤモリの語源・由来

  6. しゃらくさいの意味・類語・言い換え

  7. 「曖昧」「あやふや」「うやむや」の違い

  8. キャビアの栄養基礎知識

  9. 「川/河」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 念仏の語源・由来

人気記事

  1. はしたないの語源・由来

  2. 不甲斐ないの語源・由来

  3. 玉の輿に乗るの語源・由来

  4. 一石二鳥の語源・由来

  5. 襦袢の語源・由来

  6. 禊の語源・由来

  7. メロンの語源・由来

TOP