目とまなこと瞳の違い・使い分け


目は、物を見る働きをする視覚器官をいう一般的な言葉。
眼球のみならず、まぶたや目尻など眼球の周囲も含んでいることが多い。

まなこ(眼)は、「目の子」の意味で、本来は黒目(瞳孔)のみを指した。
現代では「目」と同様の意味で使われ、「どんぐりまなこ」や「寝ぼけまなこ」など、目の形や目つきを表す言葉にも使われる。

瞳は、眼球の中央部にある黒い部分、いわゆる黒目(瞳孔)をいう。
「つぶらな瞳」「瞳を閉じる」「真っ直ぐな瞳」というように、目や視線の意味でも使われるが、これらは比喩的表現で、ふつうは黒目のみを指す言葉である。

今見られている記事 ランダム
  1. 心配の意味・類語・言い換え

  2. 尊邸の意味・類語・言い換え

  3. 数の子の栄養基礎知識

  4. 朝令暮改と朝三暮四の違い

  5. 不倫の意味・類語・言い換え

  6. はだしの語源・由来

  7. 寄付金と義援金と支援金の違い

  8. 死体と遺体の違い・使い分け

  9. シャンツァイの意味・別名・類語

  10. 頭と顔の境目はどこか

  1. うどの大木の語源・由来

  2. ナスの種類

  3. 卯月(ぼうげつ)の意味・類語・言い換え

  4. サボるの語源・由来

  5. はっけよいの語源・由来

  6. さもしいの語源・由来

  7. ひげの種類

  8. 猪肉の栄養基礎知識

  9. フロックの意味・類語・言い換え

  10. タイの首都バンコクの正式名称は世界一長い

人気記事

  1. ヨガとピラティスの違い

  2. 伺うと窺うの違い・使い分け

  3. 干支と十二支の違い

  4. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  5. 絶対と絶体の違い・使い分け

  6. 降水量と降雨量の違い

  7. 褒めると誉めるの違い・使い分け

TOP