おしめの語源・由来

おしめは、湿りを取るため腰から下に巻く布の「湿布(しめし)」が略された「しめ」に、接頭語「お」が付けられた語。
漢字では「御湿」と書く。
その他、「襁褓」とも書くが「むつき(襁褓)」からの当て字で、おしめが「おむつ」と同じ意味であるため用いられた表記である。

「大人用おしめ」とは言わず「大人用おむつ」と言うように、おしめは乳幼児の使用するものに限定した表現となり、おむつは対象を限定しない表現となっていることが多い。
これは、「おむつ」の方が一般に使われやすい言葉ということもあるが、おしめの「湿る」というニュアンスや、「おしめ」より「おむつ」の方が「肌着」としての意味合いが強いためと考えられる。

出典:語源由来辞典

TOP