おしめの語源・由来

おしめは、湿りを取るため腰から下に巻く布の「湿布(しめし)」が略された「しめ」に、接頭語「お」が付けられた語。
漢字では「御湿」と書く。
その他、「襁褓」とも書くが「むつき(襁褓)」からの当て字で、おしめが「おむつ」と同じ意味であるため用いられた表記である。

「大人用おしめ」とは言わず「大人用おむつ」と言うように、おしめは乳幼児の使用するものに限定した表現となり、おむつは対象を限定しない表現となっていることが多い。
これは、「おむつ」の方が一般に使われやすい言葉ということもあるが、おしめの「湿る」というニュアンスや、「おしめ」より「おむつ」の方が「肌着」としての意味合いが強いためと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 目安の語源・由来

  2. 署名の意味・類語・言い換え

  3. 月並みの意味・類語・言い換え

  4. 初社の意味・類語・言い換え

  5. ごますりの意味・類語・言い換え

  6. 天下りの語源・由来

  7. ルビの語源・由来

  8. 女川町の意味・シンボル

  9. 日本の語源・由来

  10. 「広報」「公報」「弘報」の違い

  1. 山口市の意味・シンボル

  2. あんぽ柿の語源・由来

  3. 驚くの語源・由来

  4. 「鞭」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. ニュースの意味・類語・言い換え

  6. にんじんの栄養基礎知識

  7. 食べるの語源・由来

  8. 森の意味・類語・言い換え

  9. おみおつけの意味・類語・言い換え

  10. 親切の語源・由来

人気記事

  1. 綾瀬市の語源・由来

  2. ローストの語源・由来

  3. 仮名の語源・由来

  4. 鏡開きの語源・由来

  5. 合口の語源・由来

  6. コンテの語源・由来

  7. 「王将」と「玉将」の違い

TOP