新しいの語源・由来

「あたらしい(新しい)」の本来の語形は「あらたし」で、「あらたむ(改む)」「あらためる(改める)」などと同源である。
平安初期頃より、「あらたし」が音変化して「あたらし」となり、「あたらしい」になった。
「あらたしい」から「あたらしい」になったと言われることもあるが、形容詞が「しい」の形になる以前の変化なので厳密には間違いである。
上代の「あたらし」は、別語として「惜しい」「もったいない」の意味で用いられている。
「惜しい」意味の「あたらし」と、「新しい」を意味する「あらたし」が混同され、「た」と「ら」が入れ替わったものか定かではないが、「あらたし」が音変化した以降、「惜しい」意味の「あたらし」は使用が減り、現在では、わずか「あたら若い命を散らす」の表現にのみ用いられる。
なお、本来の語形の「あらたし」は、形容動詞や副詞では「あらたなる」「あらた」の形で、「た」と「ら」の入れ替えがないまま現在でも用いられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 加西市の語源・由来

  2. お彼岸の意味・類語・言い換え

  3. 我利我利亡者の意味・類語・言い換え

  4. 醍醐味の語源・由来

  5. チョークの意味・別名・類語

  6. おがくずの語源・由来

  7. 夏の意味・類語・言い換え

  8. イワナの語源・由来

  9. カエデの語源・由来

  10. 「利率」と「利回り」の違い

  1. 鏡開きの語源・由来

  2. 香川県の市町名一覧

  3. のべつ幕なしの意味・類語・言い換え

  4. シンボルの意味・類語・言い換え

  5. キャンセルの語源・由来

  6. パフェの種類

  7. のろまの語源・由来

  8. 埴輪の語源・由来

  9. いびきの語源・由来

  10. 「月」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

人気記事

  1. 竹光の語源・由来

  2. 「海老」と「蝦」の違い

  3. 「俳句」と「川柳」の違い

  4. 柳の語源・由来

  5. サルビアの語源・由来

  6. まなこの語源・由来

  7. 虎の威を借る狐の語源・由来

TOP