ピーマンの語源・由来

ピーマンの語源は、トウガラシを意味するフランス語「piment(ピマン)」である。
日本には江戸時代にポルトガル人によって伝えられたが、当時入ったものは辛みのあるトウガラシで、甘み種が入ったのは明治初期であった。
その流れから意味がずれて、辛みのないトウガラシを「ピーマン」と呼ぶようになった。
日本でいう「ピーマン」は、フランス語では「poivron(ポワブロン)」、英語では「green pepper(グリーンペッパー)」と言う。
スペイン語で「トウガラシ」を意味する「pimento(ピメント)」も、フランス語の「piment」と同源で、「顔料」「塗料」を意味するラテン語「pigmentum」に由来する。
ピーマンが日本で広く栽培されるようになったのは、第二次大戦後である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 百八の鐘の意味・類語・言い換え

  2. 曖昧の語源・由来

  3. 小春日和の語源・由来

  4. 「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

  5. ニュースの語源・由来

  6. おかっぱの語源・由来

  7. 破魔矢の意味・別名・類語

  8. 竜の語源・由来

  9. ごろつきの語源・由来

  10. 枕の語源・由来

  1. モルモットの語源・由来

  2. 美人局の意味・類語・言い換え

  3. 虎視眈々の語源・由来

  4. コウモリの語源・由来

  5. ジンジャーエールの意味・類語・言い換え

  6. のんびりの意味・類語・言い換え

  7. はたちの意味・類語・言い換え

  8. 時化の語源・由来

  9. 春秋に富むの語源・由来

  10. 緑茶の栄養基礎知識

人気記事

  1. 広島県の語源・由来

  2. 「思う」と「考える」の違い

  3. 「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の違い

  4. たたみいわしの語源・由来

  5. コンビーフの語源・由来

  6. 「感心」と「関心」の違い

  7. グレるの語源・由来

TOP