ピーマンの語源・由来

ピーマンの語源は、トウガラシを意味するフランス語「piment(ピマン)」である。
日本には江戸時代にポルトガル人によって伝えられたが、当時入ったものは辛みのあるトウガラシで、甘み種が入ったのは明治初期であった。
その流れから意味がずれて、辛みのないトウガラシを「ピーマン」と呼ぶようになった。
日本でいう「ピーマン」は、フランス語では「poivron(ポワブロン)」、英語では「green pepper(グリーンペッパー)」と言う。
スペイン語で「トウガラシ」を意味する「pimento(ピメント)」も、フランス語の「piment」と同源で、「顔料」「塗料」を意味するラテン語「pigmentum」に由来する。
ピーマンが日本で広く栽培されるようになったのは、第二次大戦後である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. チョークの語源・由来

  2. 皇寿の意味・類語・言い換え

  3. 「一時雨」「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

  4. 「当たる」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. なぜ鼻をかんだ後にティッシュを見るのか

  6. うたの語源・由来

  7. 空と宇宙の境界はどこか

  8. 卒塔婆の語源・由来

  9. ありがたいの語源・由来

  10. メープルシロップの栄養基礎知識

  1. 折り紙付きの意味・類語・言い換え

  2. カシューナッツの栄養基礎知識

  3. 折衝の語源・由来

  4. 「真夏」「盛夏」「盛暑」の違い

  5. 兎馬の意味・別名・類語

  6. 腕白の語源・由来

  7. ぞっこんの意味・類語・言い換え

  8. おいちょかぶの語源・由来

  9. プラトニックの語源・由来

  10. 京都市の語源・由来

人気記事

  1. 痣の語源・由来

  2. 熊の語源・由来

  3. 万年筆の語源・由来

  4. ひつまぶしの語源・由来

  5. 「一時雨」「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

  6. 「倉」「蔵」「庫」の違い

  7. 「ダウンロード」と「インストール」の違い

TOP