千葉県の語源・由来

千葉の由来には、「茅(ちがや)」が生い茂る土地で「茅生(ちぶ)」と呼ばれ、転じて「ちば」になったとする説や、葉が多く重なる意味で「千葉」になったとする説。
侵食しやすい地や侵食の激しい地に見られる地名「ちば」で、潰れる意味の「つばゆ」に由来するなど諸説あるが未詳。
この地の当主であった千葉氏の名前に由来する説もあるが、既に『和名抄』には「下総国千葉郡千葉郷」とあり、この地に移り住み、地名を家名として名乗るようになったのが千葉氏で、人名が地名になったのではない。

出典:千葉県 – 語源由来辞典

TOP