春一番の語源・由来

春一番は、古くから石川県能登地方・三重県志摩地方より西の地方で船乗りが使っていた言葉が、気象用語として使われるようになったもの。
船乗りが「春一番」と呼ぶようになったのは、強風による漁師の遭難に由来するという。
それは、安政6年(1859年)3月17日(新暦)、長崎県五島沖に出た漁師53名が春の強風に遭い、全員遭難してしまった。
そこから、長崎県郷ノ浦町の元居地区では、春に初めて吹く強い風を「春一」や「春一番」と呼ぶようになったというものである。
郷ノ浦町内の岬には、「春一番の塔」が建てられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ガセの語源・由来

  2. 書き入れ時の語源・由来

  3. パフュームの意味・類語・言い換え

  4. 無償の意味・類語・言い換え

  5. 和歌山市の語源・由来

  6. ポテトの語源・由来

  7. うたの語源・由来

  8. 甚平の語源・由来

  9. マンネンロウの意味・別名・類語

  10. 秋田市の語源・由来

  1. 笹の意味・別名・類語

  2. グッドバイの語源・由来

  3. 高山市の語源・由来

  4. アケビの栄養基礎知識

  5. リアス式海岸の語源・由来

  6. どさくさの語源・由来

  7. 未亡人の意味・類語・言い換え

  8. 落書きの語源・由来

  9. 日本一低い山は宮城県仙台市の日和山

  10. 明太子の意味・別名・類語

人気記事

  1. 紳士の語源・由来

  2. お節介の語源・由来

  3. 玄米の栄養基礎知識

  4. パフェの語源・由来

  5. 北海道の語源・由来

  6. キンモクセイの語源・由来

  7. 「ズワイガニ」「松葉ガニ」「越前ガニ」の違い

TOP