春一番の語源・由来

春一番は、古くから石川県能登地方・三重県志摩地方より西の地方で船乗りが使っていた言葉が、気象用語として使われるようになったもの。
船乗りが「春一番」と呼ぶようになったのは、強風による漁師の遭難に由来するという。
それは、安政6年(1859年)3月17日(新暦)、長崎県五島沖に出た漁師53名が春の強風に遭い、全員遭難してしまった。
そこから、長崎県郷ノ浦町の元居地区では、春に初めて吹く強い風を「春一」や「春一番」と呼ぶようになったというものである。
郷ノ浦町内の岬には、「春一番の塔」が建てられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. あっかんべーの語源・由来

  2. しのぎを削るの語源・由来

  3. やもめの語源・由来

  4. パセリの語源・由来

  5. サルナシの意味・別名・類語

  6. 油を売るの意味・類語・言い換え

  7. 餅の語源・由来

  8. 猫に小判の語源・由来

  9. 類語辞典の意味・類語・言い換え

  10. 杜撰の意味・類語・言い換え

  1. 二の舞の語源・由来

  2. 床屋の意味・別名・類語

  3. 和歌山県の市町村名一覧

  4. 能書きの語源・由来

  5. 小賢しいの語源・由来

  6. コラムの語源・由来

  7. 死亡の意味・類語・言い換え

  8. ちんちんかもかもの語源・由来

  9. オーロラの意味・類語・言い換え

  10. 富人の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 主催と協賛と協力と後援の違い・使い分け

  2. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  3. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  4. ウールとカシミヤ(カシミア)の違い

  5. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  6. さけるとよけるの違い・使い分け

  7. 登山とトレッキングとハイキングの違い

TOP