普請の語源・由来

普請は禅宗の用語で、寺の堂塔建造などの労役に共同で従事してもらうことをいった。
建築に従事してもらうことを「普請」と言うようになったのは、「普く(あまねく)人々に請う(こう)」という意味で、多くの人々に呼びかけて労役についてもらったことに由来する。
やがて、築城の際の土木工事のことも言いようになり、次第に「普く請う」の意味が薄れ、建築や土木工事の意味として「普請」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 歌舞伎の意味・類語・関連語

  2. ノエルの意味・別名・類語

  3. 「皮」と「革」の違い

  4. ニートの意味・別名・類語

  5. 吹田市の語源・由来

  6. ちょろいの語源・由来

  7. 「芳香剤」「消臭剤」「脱臭剤」の違い

  8. 七夕の意味・別名・類語

  9. 「和牛」と「国産牛」の違い

  10. フェンネルの意味・別名・類語

  1. 宴の意味・類語・言い換え

  2. 保障の意味・類語・言い換え

  3. 羽目を外すの語源・由来

  4. 時機の意味・類語・言い換え

  5. 桑の語源・由来

  6. 醜いの語源・由来

  7. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  8. フラッパーの語源・由来

  9. 書き入れ時の語源・由来

  10. 糟糠の妻の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 目から鱗が落ちるの語源・由来

  2. 倉敷市の語源・由来

  3. マルバヤナギの語源・由来

  4. 「金管楽器」と「木管楽器」の違い

  5. 顔役の語源・由来

  6. ケールの栄養基礎知識

  7. 「天気」「天候」「気候」「気象」の違い

TOP