普請の語源・由来

普請は禅宗の用語で、寺の堂塔建造などの労役に共同で従事してもらうことをいった。
建築に従事してもらうことを「普請」と言うようになったのは、「普く(あまねく)人々に請う(こう)」という意味で、多くの人々に呼びかけて労役についてもらったことに由来する。
やがて、築城の際の土木工事のことも言いようになり、次第に「普く請う」の意味が薄れ、建築や土木工事の意味として「普請」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 岐阜県の語源・由来

  2. 埴輪の語源・由来

  3. 大学と大学校の違い

  4. 重文の意味・類語・言い換え

  5. 天ぷらの語源・由来

  6. 柚子の語源・由来

  7. 亥年の意味・類語・言い換え

  8. すみません(すいません)の語源・由来

  9. クロワッサンの意味・別名・類語

  10. ういろうの語源・由来

  1. かやくご飯の語源・由来

  2. 楽しいの意味・類語・言い換え

  3. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  4. ビーフジャーキーの語源・由来

  5. 堂々巡りの意味・類語・言い換え

  6. 心構えの意味・類語・言い換え

  7. 秋波の語源・由来

  8. 知音の語源・由来

  9. 三文判の語源・由来

  10. 難しいと困難と至難の違い

人気記事

  1. 病院と医院とクリニックと診療所の違い

  2. 土と泥と泥土の違い

  3. 上ると登ると昇るの違い・使い分け

  4. 二期作と二毛作の違い

  5. 台風と熱帯低気圧の違い・呼び分け方

  6. 逮捕と検挙と摘発の違い

  7. トリと大トリの違い

TOP