七飯町の語源・由来

七飯町は、明治12年に七重村と飯田村に合併した際の村名「七飯村」に由来する。
両村の文字「七」と「飯」による合成地名で、読みは「ななえ」である。
七重の由来は、アイヌ語で「冷たい川」を意味する「ナムナイ」や、「豊かな沢」を意味する「ヌアンナイ」など諸説あるが明確ではない。
飯田の由来は、安政年間にこの地に移住した飯田甚兵衛が開墾したことにちなみ、飯田の姓から名付けられた地名である。

出典:語源由来辞典

TOP