鳴り物入りの語源・由来

「鳴り物」とは、歌舞伎で使う太鼓や笛などの楽器のこと。
舞台を賑やかに囃し立てるため、このような楽器の伴奏を入れることを「鳴り物入り」と言った。
鳴り物を入れて賑やかにしたり、景気をつけたりする意味から、大袈裟に触れ回ることを「鳴り物入り」と言うようになった。

なお、「鳴り物入りで入団」や「鳴り物入りで入社」などと言う時の「鳴り物入り」は、「大袈裟に宣伝した」という意味よりも、皆から囃し立てられるほど「注目されている」というニュアンスが強い。
これは誤用というよりも、意味の派生である。
そのため、必ずしも悪い意味で使われるとは限らず、「鳴り物入りで入団しただけあって」と言えば良い意味となり、「鳴り物入りで入団した割に」と言えば悪い意味となり、後に続く言葉によって意味が変わると捉えた方が良い。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 土用の意味・類語・言い換え

  2. 「二期作」と「二毛作」の違い

  3. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  4. 負けず嫌いの意味・類語・言い換え

  5. 「焼く」「炒める」「炒る」の違い

  6. 出刃包丁の語源・由来

  7. マジョラムの意味・別名・類語

  8. 巳(巳年)の語源・由来

  9. 七飯町の意味・シンボル

  10. やさしいの語源・由来

  1. 柿の栄養基礎知識

  2. こけにするの語源・由来

  3. かみなりの意味・類語・言い換え

  4. 髪の意味・類語・言い換え

  5. 晩餐会の意味・類語・言い換え

  6. お局の語源・由来

  7. 紅一点の意味・類語・言い換え

  8. うがいの語源・由来

  9. 福寿草の語源・由来

  10. ポン酢の語源・由来

人気記事

  1. 「春彼岸」と「秋彼岸」の違い

  2. 心の語源・由来

  3. ケショウヤナギの語源・由来

  4. 五徳の語源・由来

  5. 竜の語源・由来

  6. 元日の語源・由来

  7. 「濃口醤油」と「薄口醤油」の違い

TOP