ズボンの語源・由来

ズボンは、フランス語の「jupon(ジュポン)」が変化した語。
「jupon」は、女性がスカートの内側に履くペチコートのことで、男性が身にまとうゆったりとした衣服をいうアラビア語「djubba」に由来する。
その他、ズボンの語源には、幕臣の大久保誠知が「ずぼんと足に入る」と言ったことから、「ズボン」になったとする説もあるが、この語が成立した後に作られた洒落である。
ズボンは幕末から明治にかけて急速に用いられるようになり、漢字も「洋袴」「段袋」「細袴」「股袴」「下袴」「袴服」「穿袴」「短袴」「服筒」「下服」など、さまざまな表記がされた。

出典:ズボン – 語源由来辞典

TOP