癪に障るの語源・由来

癪とは、胸や腹のあたりが急に痙攣して激痛が走ることで、「さしこみ」のこと。
腹が立った時には胸や腹が痛むことから、「癪に障る」と言うようになった。
「障る」と「触る」は同源ではあるが、「癪」は体の部位のように触れられるものではなく、「癪」という病気になることを表しているため、「癪に触る」と書くのは間違いである。

漢字の「癪」は、「積」に「病垂れ」からなる字で、辛苦が積もって起こる病という意味から作られた和製漢字。
「しゃく」と読むのは、「積」を呉音で「しゃく」と読むことに由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 日めくりの意味・別名・類語

  2. レストランの語源・由来

  3. 半寿の語源・由来

  4. 「有る/在る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. カタカナの語源・由来

  6. ミントの語源・由来

  7. 犬兎の争いの語源・由来

  8. しょっちゅうの語源・由来

  9. したためるの語源・由来

  10. 五里霧中の語源・由来

  1. つらつらの語源・由来

  2. 匙を投げるの語源・由来

  3. ぞっこんの意味・類語・言い換え

  4. ずぼらの語源・由来

  5. 練馬区の意味・シンボル

  6. 宇多津町の語源・由来

  7. ブナの意味・別名・類語

  8. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  9. したためるの意味・類語・言い換え

  10. 無実の罪の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 垢の語源・由来

  2. ディスるの語源・由来

  3. 堪能の語源・由来

  4. きくらげの語源・由来

  5. 西宮市の語源・由来

  6. エンゲル係数の語源・由来

  7. 枝豆の栄養基礎知識

TOP