癪に障るの語源・由来

癪とは、胸や腹のあたりが急に痙攣して激痛が走ることで、「さしこみ」のこと。
腹が立った時には胸や腹が痛むことから、「癪に障る」と言うようになった。
「障る」と「触る」は同源ではあるが、「癪」は体の部位のように触れられるものではなく、「癪」という病気になることを表しているため、「癪に触る」と書くのは間違いである。

漢字の「癪」は、「積」に「病垂れ」からなる字で、辛苦が積もって起こる病という意味から作られた和製漢字。
「しゃく」と読むのは、「積」を呉音で「しゃく」と読むことに由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 残り物には福があるの意味・類語・言い換え

  2. もっけの幸いの語源・由来

  3. 西施乳の語源・由来

  4. 「体」と「身体」の違い

  5. 一緒くたの意味・類語・言い換え

  6. 箱乗りの語源・由来

  7. アーメンの語源・由来

  8. 納豆の栄養基礎知識

  9. 緑寿の意味・類語・言い換え

  10. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  1. 沖縄の道路が滑りやすい理由

  2. 人間関係の意味・類語・言い換え

  3. ピンからキリまでの意味・類語・言い換え

  4. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  5. プロポーズの語源・由来

  6. オードトワレの意味・類語・言い換え

  7. トランプの意味・別名・類語

  8. 参議院の意味・別名・類語

  9. ヤマユリの語源・由来

  10. 神無月の語源・由来

人気記事

  1. モクセイの語源・由来

  2. へっちゃらの語源・由来

  3. ロマン(ロマンス)の語源・由来

  4. がさつの語源・由来

  5. 「ムース」と「ババロア」の違い

  6. ポニーテールの語源・由来

  7. 「未熟児」「低出生体重児」「早産児」の違い

TOP