みょうがの語源・由来

みょうがは、古名を「めが」といい、奈良時代には「売我」「女我」と表記され、平安中期から中国名の漢字「蘘荷」が使われた。
「めが」の語源には、その香りから「芽香(メガ)」の意味とする説と、ショウガを「兄香(セガ)」といったことから、男の称「セ」に対し、女の称「メ」を当てた「妹香(メガ)」とする説があるが、「芽香(メガ)」の説が一般的である。
この「めが」が拗音化して、「みょうが」にたったとされるが、音の表記が不自然との指摘もある。
それは、平安末期には「メガ、又はミャウガ」と記されており、「めが」が音変化して「みょうが」となったとすれば、この当時は「メウガ」と書かれるはずで、「ミャウガ」は「メガ」の音変化とは別とするものである。
この問題を埋める説として、中国名漢字の「蘘荷(めが)」に由来する説がある。
日本では「蘘荷」が漢音で「ジャウカ」、呉音で「ニャウガ」と発音されていたため、「ニャウガ」が「ミャウガ」となり、「ミョウガ」になったと考えられ、最も有力な説といえる。
現在使われる漢字の「茗荷」は、発音が「みょうが」になって以降の当て字である。

みょうがを食べると物忘れがひどくなるという根拠のない俗信から、「おろかな人」という意味で「みょうが」と言ったり、みょうがのことを方言で「阿呆(アホ)」「馬鹿(バカ)」と言う地方もある。
しかし、みょうがは漢方的な働きがあり、食欲を増進させたり、不眠症や月経不順にも良いとされ、抗菌作用もあるため、口内炎や風邪予防にも役立つといわれている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 人の語源・由来

  2. 福岡市の意味・シンボル

  3. 感慨無量の意味・類語・言い換え

  4. かいわれ大根と大根の違い

  5. カジカの語源・由来

  6. 鶏口牛後の意味・類語・言い換え

  7. 一攫千金の意味・類語・言い換え

  8. 懐古と回顧の違い・使い分け

  9. ねぶたとねぷたの違い

  10. はしゃぐの語源・由来

  1. ミヤギノハギの意味・別名・類語

  2. ケヤキの語源・由来

  3. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  4. マフラーとストールとショールとスカーフの違い

  5. 図々しいの語源・由来

  6. 恋の語源・由来

  7. 卯年の意味・類語・言い換え

  8. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

  9. すずしろの語源・由来

  10. ゴルフの意味・別名・類似競技

人気記事

  1. 日本酒と焼酎の違い

  2. 温泉と鉱泉の違い

  3. 簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い

  4. 綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源

  5. かいわれ大根と大根の違い

  6. 気象衛星ひまわりとアメダスの違い

  7. テロとゲリラとクーデターの違い

TOP