白羽の矢が立つの語源・由来

白羽の矢が立つは、神への供え物として人間の体を捧げる「人身御供(ひとみごくう)」に由来する。
神の生贄として差し出される少女の家の屋根には、目印として白羽の矢が立てられたという俗信があった。
そこから、犠牲者として選び出されることを「白羽の矢が立つ」と言うようになった。
現代では、犠牲者が選び出されることの意味が薄れ、「次期社長候補として白羽の矢が立った」など、多くの中から抜擢されるたとえしても使われる。

抜擢の意味が含まれるようになったことや、矢は的に当てるものという連想から、「白羽の矢が当たる」と表現されることがある。
しかし、上記の俗信に由来するため「当たる」とするのは誤りで、「白羽の矢が立つ」が正しい。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「違う」と「異なる」の違い

  2. 「殺す」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. ひとしおの意味・類語・言い換え

  4. 鞍替えの語源・由来

  5. 妹の語源・由来

  6. 「ウール」と「カシミヤ(カシミア)」の違い

  7. 「俳句」と「川柳」の違い

  8. けちょんけちょんの語源・由来

  9. 花より団子の意味・類語・言い換え

  10. おいしいの語源・由来

  1. 党紀の意味・類語・言い換え

  2. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  3. うんこの意味・類語・言い換え

  4. ヌードルの語源・由来

  5. 虻蜂取らずの語源・由来

  6. リベラリズムの意味・類語・言い換え

  7. テンパるの語源・由来

  8. イノシシの意味・別名・類語

  9. 秋田県の市町村名一覧

  10. 菊池市の語源・由来

人気記事

  1. 乙の語源・由来

  2. ちょんまげの語源・由来

  3. 猪豚肉の栄養基礎知識

  4. カエデの語源・由来

  5. 「キャンディ」と「ドロップ」の違い

  6. 薩摩揚げの語源・由来

  7. 明石市の語源・由来

TOP