ちびの語源・由来

ちびは、動詞「禿びる(ちびる)」の連用形が名詞化した語で、漢字で「禿び」とも書かれる。
動詞の「禿びる」は、先がすり切れて短くなるという意味で、名詞の上に付いて擦り減ったものを表す言葉に「ちび下駄」や「ちび鉛筆」がある。
「短くなる」「小さくなる」という意味が転じ、小さいものや背の低い人などを「ちび」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ふつつかの語源・由来

  2. 親月の語源・由来

  3. 宇治市の語源・由来

  4. マッポの意味・類語・言い換え

  5. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」の違い

  6. 月並みの意味・類語・言い換え

  7. しこたまの意味・類語・言い換え

  8. K点の語源・由来

  9. 「馬」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. てこずるの意味・類語・言い換え

  1. やぶへびの語源・由来

  2. 忖度の語源・由来

  3. 愛嬌の語源・由来

  4. 南京豆の意味・別名・類語

  5. 舞茸の栄養基礎知識

  6. 「国立公園」「国定公園」「国営公園」「国民公園」の違い

  7. ヤリイカの意味・別名・類語

  8. 物見遊山の意味・類語・言い換え

  9. Marchの意味・異名・類語

  10. 心配の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ネオンの語源・由来

  2. かけがえのないの語源・由来

  3. オイルの語源・由来

  4. 紹興酒の栄養基礎知識

  5. ポインター(犬)の語源・由来

  6. ぬたの語源・由来

  7. 沢山の語源・由来

TOP