貫禄の語源・由来

貫禄の「貫」は、中世以降に田地に用いた単位で、収穫高を銭に換算し、表にしたもの。
室町時代には、武家の知行する石高、いわゆる「知行高(ちぎょうだか)」を表示するのに用いられた。
「禄」は、官に仕える者に与えられる給与のことである。
つまり、貫禄は領地の大きさや給与の額など武士の値打ちを表す語で、それらの多い者が「貫禄のある人」であった。
そこから、身に備わった威厳や人間的重みや風格がある人に対して、「貫禄がある」や「貫禄がつく」と使うようになった。
また、体が肥えた人は堂々とした印象を与えることから、太っていることを馬鹿にしたり、からかって、「貫禄十分」や「貫禄たっぷり」などとも言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 納豆の栄養基礎知識

  2. 傘と笠の違い・使い分け

  3. ジュゴンとマナティの違い・見分け方

  4. 発毛と育毛と増毛と植毛の違い

  5. 一人と独りの違い・使い分け

  6. ボランティアの語源・由来

  7. ハトの語源・由来

  8. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  9. モロヘイヤの語源・由来

  10. オーデコロンの語源・由来

  1. アンコウの栄養基礎知識

  2. 診療所の意味・類語・言い換え

  3. 根本的と抜本的の違い

  4. 記入と記載と記述の違い・使い分け

  5. いちごの栄養基礎知識

  6. ほうれん草の意味・別名・類語

  7. 確信の意味・類語・言い換え

  8. ミリオネアの意味・類語・言い換え

  9. とんちんかんの語源・由来

  10. がんもどきの栄養基礎知識

人気記事

  1. 寄付金と義援金と支援金の違い

  2. 召集と招集の違い・使い分け

  3. 生誕と誕生の違い・使い分け

  4. 頭と顔の境目はどこか

  5. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  6. 探すと捜すの違い・使い分け

  7. コスプレと仮装と変装と扮装の違い

TOP