読む(詠む)の語源・由来

よむの語源は諸説あり、「よぶ(呼)」の意味や、「よびみる(呼見)」の意味とする説あたりが妥当と思われるが、断定が難しい。
「読む」にはいくつかの意味があるが、数を数える意味で用いられた例が古い。
文章などを一字ずつ声に出して言うことも、数を数えるように一音ずつたどりながら唱えるという意味に通じる。
詩歌などを作る意味の「詠む」も、本居宣長の『古事記伝』に「又歌を作るを余牟(ヨム)と云も、心に思ふことを数へたてて云出るよしなり」とあるように、数えることに通じる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 奥ゆかしいの語源・由来

  2. サックスの語源・由来

  3. 大根役者の意味・類語・言い換え

  4. お造りの意味・類語・言い換え

  5. ポニーテールの語源・由来

  6. 嫌味の語源・由来

  7. 「デッサン」「スケッチ」「クロッキー」の違い

  8. 悲しいの語源・由来

  9. ネオンの語源・由来

  10. 「腹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. ずらかるの語源・由来

  2. 越谷市の語源・由来

  3. 墨田区の意味・シンボル

  4. 角隠しの語源・由来

  5. 年越し参りの意味・類語・言い換え

  6. 鯛の種類

  7. 「使用」と「利用」の違い

  8. 水仙の語源・由来

  9. ハイジャックの語源・由来

  10. 印を据えるの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ノウゼンカズラの語源・由来

  2. 油断の語源・由来

  3. 与那国町の語源・由来

  4. オレンジの語源・由来

  5. チョークの語源・由来

  6. 豊中市の語源・由来

  7. 浜松市の語源・由来

TOP