おざなりとなおざりの違い・使い分け


「おざなり」と「なおざり」は、「いい加減に対処する」という意味では同じであるが、使う場面が違ってくる。

おざなりは、江戸時代の幇間や芸者衆が、客によって扱いを変えたり、形ばかりの取り繕った言動をいった隠語。
そこから、その場しのぎで済ませることや、いい加減に物事を済ませることを表す。

なおざりは「気に留めない」が原義の言葉で、何もせずおろそかにしておくこと、成り行き任せにしておくことを表す。

おざなりは、物事に着手はしているが、その場だけの間に合わせの時に用いる言葉で、「いい加減」なのは「着手の仕方」である。
なおざりは、物事に着手もしないで放置しておいたり、真剣に取り組もうとしなさまに用いる言葉で、「いい加減」なのは「物事に対する姿勢」である。

今見られている記事 ランダム
  1. 十八番の語源・由来

  2. カレーうどんとカレー南蛮の違い

  3. 梅月の意味・類語・言い換え

  4. 目の語源・由来

  5. 豚の意味・別名・類語

  6. パンプキンの意味・別名・類語

  7. なぜ鼻をかんだ後にティッシュを見るのか

  8. 葉月の意味・類語・言い換え

  9. カモの語源・由来

  10. フォーチュンの意味・類語・言い換え

  1. 金管楽器と木管楽器の違い

  2. 引っ越しの語源・由来

  3. シンボルの語源・由来

  4. 足りないと足らないの違い

  5. よしずの意味・類語・言い換え

  6. インセンティブの意味・類語・言い換え

  7. おこがましいの語源・由来

  8. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  9. 尻馬に乗るの語源・由来

  10. 国宝の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 海胆と海栗と雲丹の違い

  2. 竹と笹の違い

  3. 過去にオリンピックが中止になった回数

  4. 港と湊の違い・使い分け

  5. 目から鱗が落ちる動物

  6. オセロとリバーシの違い

  7. タクシーとハイヤーの違い

TOP