なおざりの語源・由来

「なお」は以前の状態が引き続いているさまを表す副詞「なお(猶)」、「ざり」は係助詞「そ」に動詞が付いた「あり」の「ぞあり」であろう。
「ざり」を「さり(避・去)」で、手を打たず避けて放っておく意味との見方もあるが、副詞「なお」にその意味が含まれているため「ぞあり」と考える方が良い。
なおざりは「たいして気にとめない」が原義で、転じて、「本気でない」「おろそかにする」といった意味になった。
漢字の「等閑」は、同義の漢語「等閑(とうかん)」を当てたものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 血と皿の漢字が似ている理由

  2. 新宮町の語源・由来

  3. デッサンの意味・類語・言い換え

  4. スイカの意味・別名・類語

  5. 「ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」「チャイ」の違い

  6. ヤッホーの語源・由来

  7. 夢の語源・由来

  8. 源氏名の語源・由来

  9. 油を売るの語源・由来

  10. あたりめの語源・由来

  1. ミミズクの語源・由来

  2. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  3. ごますりの意味・類語・言い換え

  4. 茅野市の語源・由来

  5. 不届きの意味・類語・言い換え

  6. イヌノフグリの語源・由来

  7. 梨園の意味・類語・言い換え

  8. イケメンの語源・由来

  9. 会議の意味・類語・言い換え

  10. 「精進」と「邁進」の違い

人気記事

  1. 木っ端の火の語源・由来

  2. ごぼうの栄養基礎知識

  3. トンネルの語源・由来

  4. カキツバタの語源・由来

  5. 阿婆擦れの語源・由来

  6. 紳士の語源・由来

  7. ゼラチンの語源・由来

TOP