なおざりの語源・由来

「なお」は以前の状態が引き続いているさまを表す副詞「なお(猶)」、「ざり」は係助詞「そ」に動詞が付いた「あり」の「ぞあり」であろう。
「ざり」を「さり(避・去)」で、手を打たず避けて放っておく意味との見方もあるが、副詞「なお」にその意味が含まれているため「ぞあり」と考える方が良い。
なおざりは「たいして気にとめない」が原義で、転じて、「本気でない」「おろそかにする」といった意味になった。
漢字の「等閑」は、同義の漢語「等閑(とうかん)」を当てたものである。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 長いと永いの違い・使い分け

  2. 驚くの語源・由来

  3. アシカの語源・由来

  4. 亭主の語源・由来

  5. 自然の意味・類語・言い換え

  6. 嵐の意味・類語・言い換え

  7. でたらめの意味・類語・言い換え

  8. はんこの語源・由来

  9. 三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

  10. 雑炊の語源・由来

  1. 鏡割りの意味・類語・言い換え

  2. 津波の意味・類語・言い換え

  3. 花蜜柑の意味・類語・言い換え

  4. ソーセージとウインナーの違い

  5. エイプリルフールの意味・類語・言い換え

  6. 楽しいの語源・由来

  7. 土偶の意味

  8. ゆっくりの意味・類語・言い換え

  9. コンプラの意味・類語・言い換え

  10. 長いと永いの違い・使い分け

人気記事

  1. 許可と認可の違い・使い分け

  2. 思うと考えるの違い・使い分け

  3. トラックとダンプカーの違い

  4. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  5. 回復と快復の違い・使い分け

  6. 保証と保障と補償の違い・使い分け

  7. 利率と利回りの違い

TOP