神無月の語源・由来

神無月の語源は、神を祭る月であることから「神の月」とする説が有力とされる。
神無月の「無」は「水無月」と同じく、「の」を意味する格助詞「な」である。
中世の俗説には、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったとする説があり、出雲国(現在の島根県)では反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれる。
その他の説では、雷の鳴らない月で「雷無月(かみなしづき)」が転じたとする説や、新穀で酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じたとする説がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「ご来光」と「初日の出」の違い

  2. 赤村の意味・シンボル

  3. タコの栄養基礎知識

  4. 「使用」と「利用」の違い

  5. 割り下の語源・由来

  6. 賭博の語源・由来

  7. コンビニの語源・由来

  8. 卒塔婆の語源・由来

  9. プランの語源・由来

  10. 丑(丑年)の語源・由来

  1. 食指が動くの語源・由来

  2. サインの意味・類語・言い換え

  3. 大晦日の語源・由来

  4. 「馬」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. 鮒の語源・由来

  6. 圧力鍋で時短調理できる仕組み

  7. おかかの語源・由来

  8. 高松市の語源・由来

  9. 内職の意味・類語・言い換え

  10. 潔いの語源・由来

人気記事

  1. 「目的」と「目標」の違い

  2. アルバイトの語源・由来

  3. 前頭の語源・由来

  4. 鼻持ちならないの語源・由来

  5. モンゴウイカの語源・由来

  6. 宇治市の語源・由来

  7. 「ムース」と「ババロア」の違い

TOP