サクラ(おとり)の語源・由来

サクラは露天商などの隠語から、明治時代以降に一般へ広まった。
漢字で「偽客」と書くのは当て字である。
サクラの語源は諸説あるが、江戸時代の芝居小屋で役者に声をかける見物人役は、パッと派手に景気よくやってパッと消えることから、桜の性質になぞらえて「サクラ」と呼ぶようになった。
それが露天商の隠語となり、一般にも広まったとする説が有力とされる。
また、桜は無料で見ることができるため、芝居を無料で見物する人を「サクラ」と呼ぶようになった。
芝居をタダで見物する代わりに、役者に頼まれて声をかけ、場を盛り上げたことから、現在の意味になったとする説もある。
その他、労働する意味の「作労(さくらう)」が転訛し、「サクラ」になったとする説もあるが、意味の繋がりがはっきりせず、有力な説とは考えられていない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 福寿草の語源・由来

  2. ハロゲンの語源・由来

  3. 同じの語源・由来

  4. Januaryの意味・異名・類語

  5. 相撲の語源・由来

  6. 長野市の語源・由来

  7. 「枯れる」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 利府町の語源・由来

  9. タコの栄養基礎知識

  10. くだらないの意味・類語・言い換え

  1. コブラの意味・別名・類語

  2. メロメロの語源・由来

  3. 郡山市の意味・シンボル

  4. うがいの語源・由来

  5. 金沢市の意味・シンボル

  6. 福井市の語源・由来

  7. 宮崎県の意味・シンボル

  8. まな板の語源・由来

  9. 膝裏のくぼんだ部分の名前

  10. ハギの意味・別名・類語

人気記事

  1. 「苦情」「クレーム」「文句」「抗議」の違い

  2. 藤岡市の語源・由来

  3. 焼きが回るの語源・由来

  4. さやいんげんの栄養基礎知識

  5. ディスるの語源・由来

  6. 「早い」と「速い」の違い

  7. カボスの語源・由来

TOP