桜の語源・由来

桜の語源は、動詞「咲く(さく)」に接尾語「ら」が付き、名詞になったものいわれる。
桜は奈良時代から栽植されたが、当時は田の神が来臨する花として、「信仰」「占い」のために植えられることが多かった。
そのため、「さ」は耕作を意味する古語「さ」、もしくは「神霊」を意味する「さ」を表し、「くら」は「座」を表すといった説もある。
しかし、古代に「サクラ」と呼ばれていたのは、現在の山桜のことであったとされ、あまり有力とされていない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 明日葉の意味・別名・類語

  2. セルライトの語源・由来

  3. 毎月22日が「ショートケーキの日」になった理由

  4. 血祭りに上げるの語源・由来

  5. 一世風靡の意味・類語・言い換え

  6. 中野区の語源・由来

  7. 血税の語源・由来

  8. ユリカモメの意味・別名・類語

  9. ブルジョワの意味・類語・言い換え

  10. 出前の語源・由来

  1. 岐阜県の市町村名一覧

  2. わかるの語源・由来

  3. 脚光を浴びるの語源・由来

  4. ぎゃふんの語源・由来

  5. イノシシの意味・別名・類語

  6. ズボンの語源・由来

  7. 豊島区の意味・シンボル

  8. 巳(巳年)の語源・由来

  9. 美女の意味・類語・言い換え

  10. ダンクシュートのダンクの意味

人気記事

  1. 香具師の語源・由来

  2. 頭陀袋の語源・由来

  3. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  4. タングステンの語源・由来

  5. ゴールドの語源・由来

  6. かわいいの語源・由来

  7. 多摩市の語源・由来

TOP