物見遊山の語源・由来

物見遊山の「物見」は、文字通り、物を見ることで、見物することを表す。
「遊山」は、気晴らしに遊びに出かけることや、山野で遊ぶことを意味するが、本来は禅宗の言葉で仏教語であった。
遊山の「遊」は自由に歩きまわること、「山」は寺のことで、修行を終えた後、他山(他の寺)へ修業遍歴の旅をすることをいった。
転じて、山野の美しい景色を楽しみ、曇りのない心境になることを意味するようになり、それが一般にも広まって、気晴らしに遊びに出かけたり山野で遊ぶ意味となった。
稀に「物見遊山」という四字熟語をひとまとめに「禅宗に由来する言葉」としたものも見られるが、禅宗の言葉が語源となっているのは「遊山」のみで、「物見」や「物見遊山」の語源ではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. すだれの語源・由来

  2. 考えるの語源・由来

  3. 「科学」と「化学」の違い

  4. 為替の語源・由来

  5. 挨拶の語源・由来

  6. 豊田市の意味・シンボル

  7. 傷の語源・由来

  8. 幸せの意味・類語・言い換え

  9. 真似の語源・由来

  10. ボブスレーの意味・別名・類語

  1. ラクトアイスの語源・由来

  2. 靴の語源・由来

  3. 「ゴルフクラブ」と「カントリークラブ」の違い

  4. めでたいの語源・由来

  5. びた一文の語源・由来

  6. インフルの意味・別名・類語

  7. プードルの語源・由来

  8. こけにするの意味・類語・言い換え

  9. つくねの語源・由来

  10. 和歌山市の意味・シンボル

人気記事

  1. 惨めの語源・由来

  2. サザエの語源・由来

  3. あぐらの語源・由来

  4. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」の違い

  5. 大正海老の語源・由来

  6. アーメンの語源・由来

  7. 「足りない」と「足らない」の違い

TOP