素敵の語源・由来

素敵は、江戸時代後期の江戸で俗的な流行語として、庶民の間で用いられ始めた。
当初は「すてき」とひらがな書きが多く、「程度の甚だしいさま」「並はずれたさま」の意味で使われていた。
明治頃から現在の意味に限定した使い方となり、漢字で「素的」の字が当てられるようになった。
「素敵」の当て字が見られるようになるのは大正頃からだが、「素敵」が一般化したのは昭和に入ってからで、それまでは「素的」が多く使われていた。

素敵の語源には、二つの説がある。
ひとつは、「できすぎ(出来過ぎ)」の倒語「すぎでき」が変化した語とする説。
倒語は江戸時代の江戸で流行したもので、「すてき」の語が使われ始めた時代や場所がマッチするという点では、考慮に値する。
しかし、倒語となっているのが部分的であることや、「すぎでき」から更に変化するなど、単純な形容動詞の割に複雑な変化をしていることから考えがたい。

もうひとつは、「すばらしい」の「す」に接尾語の「てき」が付いて、「すてき」になったとする説。
「すてき」が当初は「並はずれたさま」を意味していたことや、のちに「素的」の字が当てられていることから、一見「すばらしい」との関連性はないように見える。
しかし、「すばらしい」は元々「とんでもない」「ひどい」の意味で使われていた言葉で、同じように意味が変化したとすれば、「すばらしい」を語源とする説は十分に考えられる。

当て字なので「素敵」の漢字の由来は分かっていないが、「素敵」の他にも「素適」の当て字もあることから、「かなわない」という意味が関係していると思われる。
適わないは「望みが実現しない」の意味、敵わないは「対抗できない」「勝てない」の意味で使われるため、「素晴らし過ぎて敵わない」という意味から、「素敵」が使われるようになり、最も使われる当て字になったと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「髪」「髪の毛」「頭髪」「毛髪」の違い

  2. 大喜利の語源・由来

  3. ぼるの意味・類語・言い換え

  4. 千葉市の語源・由来

  5. 台所の語源・由来

  6. ビールの栄養基礎知識

  7. 「頭」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. シシャモの語源・由来

  9. しこたまの語源・由来

  10. 女郎花の語源・由来

  1. トランプの語源・由来

  2. うなぎの栄養基礎知識

  3. 文京区の意味・シンボル

  4. 血で血を洗うの意味・類語・言い換え

  5. 虹彩の意味・類語・言い換え

  6. 「人魚の数え方」と「鬼の数え方」の違い

  7. 湯の語源・由来

  8. 脚立の語源・由来

  9. 断捨離の意味・類語・言い換え

  10. 伯仲の語源・由来

人気記事

  1. 鎌倉市の語源・由来

  2. 一本槍の語源・由来

  3. 「バレンシアオレンジ」と「ネーブルオレンジ」の違い

  4. サバの語源・由来

  5. 成金の語源・由来

  6. レトリバーの語源・由来

  7. 世紀の語源・由来

TOP