看病と看護と介抱の違い・使い分け


病人の世話をするという意味では、看病・看護・介護ともに使われるが、病人以外の世話をする場合や、医療業務として世話をする場合、長期短期といった違いで、使い分けが必要となる。

看病は、病人に付き添って世話をすることで、そばに居るというニュアンスを含む。
一時的な症状の場合には使わず、重い症状であったり、病気が長期となる場合に使うことが多い。
また、看病は病気の人を世話することなので、けが人の手当てには使わない。

看護は、けが人の手当てや病人の世話をすることで、看病よりも意味が広く、症状が軽い場合にも重い場合にも使われる。
看護は医療業務として世話をすることにも使われることや、看病には付き添うという意味が含まれることから、身内などの医療者以外の人が世話をする場合には、「看護」よりも「看病」の方が、比較的使われやすい傾向にある。

介抱は、傷病者などの世話をすることだが、一時的に行う世話や手当てに使う。
「父の介抱を一年間した」ということはあり得ず、このような長期の場合には「看病」か「看護」を使う。
また、介抱は一時的に行うものであり、「助ける」「保護する」といった意味もあるため、けが人や病人のほかに、突然倒れた人や酔っぱらいなどの世話にも、「介抱」は使われる。

今見られている記事 ランダム
  1. 台風の語源・由来

  2. 虹の意味・別名・類語

  3. 校正と校閲の違い

  4. 堪能の語源・由来

  5. 初詣の語源・由来

  6. イライラの語源・由来

  7. ニートの語源・由来

  8. ベースボールの意味

  9. ステテコの意味・類語・言い換え

  10. 取り越し苦労の語源・由来

  1. 容疑者と被疑者と被告人と犯人の違い

  2. 愛嬌の語源・由来

  3. 健闘の意味・類語・言い換え

  4. 内緒の語源・由来

  5. ミルクティーとロイヤルミルクティーとチャイの違い

  6. 大童の意味・類語・言い換え

  7. はしたないの語源・由来

  8. 発破をかけるの語源・由来

  9. 芭蕉の意味・別名・類語

  10. 鏡の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 臭いと匂いと香りの違い・使い分け

  2. ピーナッツと落花生と南京豆の違い

  3. 濃口醤油と薄口醤油の違い

  4. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  5. 体と身体の違い・使い分け

  6. 署名と記名とサインの違い

  7. 樽と桶の違い

TOP