開放と解放の違い・使い分け


開放は、「窓を開放する」「校庭を開放する」など、門戸や窓などを開け放すこと。「開放経済」など、制限をなくして出入りを自由にさせること。
「開け放す」が熟語になった言葉で、対義語は「閉鎖」。

解放は、「人質を解放する」「苦痛から解放される」など、制限を解き放して自由にすること。
「解き放す」が熟語になった言葉で、対義語は「束縛」と覚えておくと、使い分けしやすい。

「開放感」と「解放感」はどちらも使う言葉なので、表現したい意味によって使い分けが必要となる。

「外に出て開放感を味わう」という場合は、狭い部屋から外に出て、広々とした空間や風景を楽しむことを表し、「外に出て解放感を味わう」といった場合は、仕事や家事などの束縛から逃れ、自由を満喫している様子を表す。

今見られている記事 ランダム
  1. ハンサムの語源・由来

  2. 食糧の意味・類語・言い換え

  3. パルファムの意味・類語・言い換え

  4. レモンの語源・由来

  5. 紋は黒いのにモンシロチョウという理由

  6. 居眠りの意味

  7. 緑茶と紅茶と烏龍茶の違い

  8. 羊頭狗肉の語源・由来

  9. シソーラスの意味・類語・言い換え

  10. 星が瞬く理由と瞬かない星

  1. 天気と天候と気候と気象の違い・使い分け

  2. 発見と発明の違い

  3. 検討と見当の違い・使い分け

  4. 紅茶の栄養基礎知識

  5. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  6. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  7. 布団の語源・由来

  8. 幸せの語源・由来

  9. ソースの語源・由来

  10. 預言の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 体と身体の違い・使い分け

  2. 過去にオリンピックが中止になった回数

  3. 首相と内閣総理大臣と総裁の違い

  4. 勧めると奨めると薦めるの違い・使い分け

  5. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  6. カフェと喫茶店の違い・使い分け

  7. 紋は黒いのにモンシロチョウという理由

TOP